アスペルガー症候群とadhdの違いは何ですか?

ADHDとは、注意欠陥多動性障害の事で、
アスペルガー症候群と同じく、
発達障害の一つです。

注意欠陥多動性障害には、
不注意さと多動性と衝動性の
三つの特徴があります。

三つの特徴全てを表している人もいますし、
不注意さが強く出ている人や、
多動性と衝動性が強く出る人もいます。

不注意さが前面に出ている人は、
約束事やスケジュールを把握しなかったり、
いつでも忘れ物や落とし物が多いです。

この不注意さの特徴が強く見られる
注意欠陥多動性障害の人は
女性の人が比較的多いです。

また、多動性と衝動性が強く出る人は、
幼い時から体のどこかを動かしていたり、

何か気になることがあると、
後先を考えずに行動しますので、
道路に飛び出したりする子もいます。

親は常に、はらはらさせられ、
片時も目を話せないこともあります。

大きくなると、人によっては
暴力性が出たり、反社会的行動や
ギャンブルやアルコールに嵌る人もいます。

自制しようとしても、
衝動性を抑えることが難しいので、
不適切な異性関係を持つこともあります。

一方、アスペルガー症候群は、
社会性と想像性、コミュニケーション能力に
問題を抱える障害です

子どもの時も大人しい人が多いですが、
併発している場合はこの限りではありません。

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link