アスペルガー症候群は赤ちゃんの時にどんな特徴がありますか?

アスペルガー症候群は、
先天性の発達障害の一つですが、
見た目や行動などから分かりにくく、

かなり遅くなって、
大人になってから気付いたり、
一生気がつかないこともある障害です。

ですが、生きづらさを感じたり、
社会に溶け込めていないように感じたり、
不調和を感じながら生きている人もいます。

アスペルガー症候群と診断されて、…

 この記事の続きを読む

アスペルガー症候群の子どもの絵の特徴は何ですか?

子どもの絵は、
子どもがどのようにものを捉えているか、
また子どもの視点が全て表現されます。

アスペルガー症候群の子どもたちは、
独自の視点と独自のものの捉え方を
表現している場合が少なくありません。

アスペルガー症候群の子どもたちは
人とのかかわりが苦手で、
一人で遊ぶことが多くなりがちです。

ですから、絵に表現される人間も、

 この記事の続きを読む

アスペルガー症候群の子どもに絵本を効果的に使えますか?

学習障害、
LDと診断される子どもたちの中には、

字を読むことや、
文章を理解することに困難を覚える
読字障害を持つ子どもたちがいます。

一つ一つの字は読むことができても、
文章となっていると、
途端に理解ができなくなる障害です。

この読字障害を持つ子どもたちは、
理解能力に劣っているわけではありませんので、…

 この記事の続きを読む

アスペルガー症候群の子どもの特徴は何ですか?

アスペルガー症候群の特徴は、
一口に言えば、障害と気付きにくい障害です。

明らかに異常と思える行動や話し方、
また、外見上の何らかの特徴がないので、
障害と分かるのに時間を要することがあります。

適応能力の高い人なら、
大人になるまでもしくは思春期になるまで
障害に全く気付かないこともあります。

ですが、子どもの頃のエピソードを聞くと、
幾つかの共通してみられる特徴があります。…

 この記事の続きを読む

アスペルガー症候群の子どもは多動性がありますか?

注意欠陥・多動性障害と言う発達障害があります。
これは、不注意さと
多動性・衝動性を特徴とする障害です。

注意欠陥多動性障害を略してADHDとも言います。

この子どもたちの多動性とは、
例えば、何度教えても、道路に飛び出して行ったり
列や順番を並ぶことができなかったりします。

幼稚園や保育園でも
集団行動をすることが苦手ですので、
先生に注意をされたり叱られたりします。…

 この記事の続きを読む

アスペルガー症候群の子どもは中学生になると不登校になりやすいですか?

アスペルガー症候群の子どもたちは
幼い時から正しく理解されることが少なく

過度に低く評価されたり、
仲間外れにされることが多い事があります。

一つの事を応用して、
他の問題に当たることが苦手なので
小学校の中学年くらいから勉強が苦手になったり

また、空気を読んだり、
仲間内の内緒話しが苦手であることが多いので
仲間外れにされたり、孤立することも多いです。…

 この記事の続きを読む

アスペルガー症候群の子供はどんな特徴がありますか?

アスペルガー症候群の特徴は、
コミュニケーション能力に問題を抱えることと
社会性と想像性に問題を抱えることです。

想像性が欠如していることが多いので、
予想できない事柄や、予定以外の行動に
パニックになってしまうこともあります。

いつも通る道でない道を通るだけでも、
不安になって、怖がる子供もいます。

また、こだわりの強さを示すことも多いです。
絵本の一ページ、歌の一小節が気に入って、…

 この記事の続きを読む

アスペルガー症候群の二歳児にはどんな特徴がありますか?

母子手帳などに記されている
月齢に応じた正常な発達では、
二歳になると、二語文が言えるようになります。

二語文とは、「ママ」「まんま」「あそぶ」
といったひとつひとつの単語ではなく、

「ママと遊ぶ」「まんまを食べる」
のように、二つの単語を結びつけることです。

アスペルガー症候群の子どもたちは
言語障害がみられることは少ないのですが、

まだ幼児期の時は、

 この記事の続きを読む

アスペルガー症候群の乳児期の特徴は何ですか?

アスペルガー症候群の子どもたちで
特に乳幼児期に見られる特徴には、

人と目をなかなか合わせないことと、
こだわりの強さと、聴力の過敏さがあります。

人と目をなかなか合わせないことは、
大人になっても続くことがあります。

アスペルガー症候群の人が
大人になると、意識的に苦手でも
目を合わせようと努力するのですが、

乳幼児期の時は、

 この記事の続きを読む

アスペルガー症候群の子どもは誤字脱字が多いですか?

アスペルガー症候群の子どもたちは、
知的能力に問題があることが少ないですので、

比較的早い時期から、
字を読むことができたりします。

そして、「薔薇」のように、
難しい漢字を書いたり
することもできたりします。

ですが、難読字でない字や、ひらかな等を書かせると、
とたんにミミズが這ったような、
字を書くことがあります。…

 この記事の続きを読む